みなさん、こうなるといいな~という願望って抱くと思います。
新月や満月にお願いごとをすると叶いやすいとか、
願っとけば叶うかも知れないなら、お願いしとかないとソンソン!的に
とりあえず願ったり書いてみたりしたことがある方は多いと思います。

でも、お願い事って、叶ったことありますか?

わりと叶うよ~!って方は、叶うことが当たり前だと思ってるから。
全然かなわないよ!って方は、お願いを書くと同時に、否定のエネルギーを出して、
その願望の芽を摘み取っているから叶わないのです。

引き寄せなんて必要ない!願いを叶える現実的方法とは

願望の達成や実現の法則のスタートは、
未来に向けての望みを設定をして、
それに向かうための「小さな1歩」を決める。
1歩進んだら、次の1歩を進める。

実は、歩くことと同じくらいに
シンプルなことなのです。
 
 
道を歩くことは普通できるけど、
人生を歩く、となったときに、
歩き方わかんない!ってなっていることが多いです。
道を歩いたことない人はいないはず。
だから誰でも望むものに向かって、進めるのです♪

願いを叶える3つのステップとポイント

ステップ1
自分の中から出てきた望みをピックアップする。

ステップ2
小さな小さなスタートの1歩を思いつく限り出す。

ステップ3
行動に移すのに一番ハードルが低い、すぐで出来そうなことからやってみる。

ポイント
1歩を進んだときの感覚を感じること。
進めば何かしらのフィードバックを得ています。
このフィードバックを次の選択の材料にします。
これはすでに経験した過去からの情報を採用しないためにとても大切な感覚です。

そこからは、その次の1歩、その次の1歩と
進む→感じる→決めるの連続で行けば良いのです。

実際に例えるとどういうことなのか

ちなみに、未来設定というと
何やら「おおごとに感じる」こともあるかもだし、
すぐに「自分には難しいかも」という
セルフトークが始まることもあるかも知れません。

漠然とした、旅行に行きたいな~(IWant to…)というものを例に、
そこから望みを達成する過程を細かく細分化してみてみましょう。

1,どこか旅行に行きたいと思った(思いの種・目的・願望)

2,どこに行きたいかハッキリわからないから、なんとなく行きたい地域の旅行のパンフを集める(小さな1歩)

3,国内なのか海外なのかを決める(1歩で得た結果を得て)

4,海外にすることにしたけど、初めてだから海外で行ってみたいところを複数ネットで情報を調べてみる(次の小さな1歩)

5,ステキな風景に惹かれたたので、クロアチアにした(次の1歩で得た結果を得て)

6,クロアチアはイタリアも近い。イタリアで本場のピザを食べるのもいいな~♪
(更なる望みが出て来る・楽しみになる)

7,イタリア&クロアチアの周遊の旅にする!と決める(決めるということ・目標)

8,目標の日までに必要な実務的なことをリストアップする(
休暇を取る、旅行を申し込む、パスポートを取る、必要な備品を揃えるなど)

9,旅行日に出発する。

10,クロアチアの見たかった風景をみて感激♡ピザも美味しくて感激♡
(思いの種が育ち、目的・願望を現実のものと出来た)

となります。

ぼんやりとした望みであっても、
自分から発せられたIWant to…「これやりたい」であれば、
初めてのことであっても、
小さく1歩1歩進むことで、そこからフィードバックを受け取り、
自分の感覚で小さな「決める」をし続けた先に、
望んだ願望達成する日がやってくるのです。

望みが叶うことを阻むものの正体とは

さてここで、せっかく芽生えた願望の種。
1歩進むとエネルギーがその方向に注がれ、
やがて芽が出ます。

その芽を育つ前に摘むのが、自分のセルフトークです。
脳内で常におしゃべりしている「あいつ」です。

セルフトークは何を言ってくるのか?想像してみましょう

1,どこか旅行に行きたいと思った(思いの種・目的・願望)
2,どこに行きたいかハッキリわからないから、なんとなく行きたい地域の旅行のパンフを集める

  ん~、でも休めないしな~、休むの気を使うしいいにくなぁ~
  あの人がこの前ここ行って良かったって言ってたよなぁ~、
  ん~、飛行機乗ったことないし海外はコワイって聞くし…

3,国内なのか海外なのかを決める

  あー、決められない~、誰かにオススメを聞いてみようか?
  そもそも決められないってことは行きたくないのかも…?
  お金かかるし、休めないし、1人じゃコワイし、つまんないかも知れないし、
   悩むってことはどうなの?やめとけってこと?
      あ!吉方位をみてみようかな、
   チャネリングでハイヤーセルフに聞いてもらおうかな?

4,海外にすることにしたけど、初めてだから海外で行ってみたいところを複数ネットで情報を調べてみる

  わー、なんかコワイこと書いてある~、
  危ない目にも会うかもしれないよね…、言葉どうしよう…
  飛行機の落ちる確率ってどのくらいなんだろう?

5,ステキな風景に惹かれたたので、クロアチアにした
6,クロアチアはイタリアも近い。イタリアで本場のピザを食べるのもいいな~♪

  ホントにこれ見られるのかな? お天気ならいいけど~、
  ごはん不味かったらいやだな~食べすぎて太るかも…、
  枕変わると寝れないな…、清潔なんだろうか?

7,イタリア&クロアチアの周遊の旅にする!と決める(決めるということ・目標)
8,目標の日までに必要な実務的なことをリストアップする
(休暇を取る、旅行を申し込む、パスポートを取る、必要な備品を揃えるなど)

  ホントにここに決めて良かったのかな?
    クロアチア行くと言っても「それどこ?」って聞かれるしマイナーなのかな?
  大丈夫なの?と親に聞かれる~、危ない地域だからやめとけってよく言われる… 

  めんどくさいー、忙しくて出来ないー、なにがあればいいのかわからないー、誰かやって~ 

9,旅行日に出発する。

  あー、遅刻したらどうしよう~、集合場所ちゃんといけるかな? 
  忘れ物ないかな? 飛行機怖い~

10,クロアチアの見たかった風景をみて感激♡ピザも美味しくて感激♡

  ここはご想像にお任せします(笑)
      どんな結末か、どんな気分を選ぶのかは自分次第なので。

 

願いを阻む2つとは

旅行レベルだから笑えるようなセルフトークかもしれないけど、
多かれ少なかれ、だれしも未知のことに向かう時心配や不安を抱きます。
そのとき自分の内側でする声がセルフトーク(脳内のおしゃべり)です。

この脳内セルフトークは自分の中の言葉なので、
自分の思いや思考と勘違いしてしまいがちですが、
この発言しているのは別キャラだと思ってください。

その言葉を聞いていると、感情の感覚も一緒に生まれます。
それはリアルに自分が「今感じるていること」なのでとても臨場感がありあます。
だから余計にストップがかかります。

セルフトークの特徴としては、
まだ起きていないことを心配し、怖がり、迷います。
主軸が自分ではありません。
人の目がとても気になります。

最終的に、セルフトークになにも選択権は持っていないのに、
自分はビビらされるだけビビらされてる図式です。
やりたこと、叶えたいことがあるのに、
躊躇させられたり、本心からの選択を曲げさせられたりしてしまうのです。

私たちは不安を感じさせる脳内セルフトークを聞いて

そうだよな~、そうかもな~、そうなると嫌だな~と思う

行動することを止めているのです。

★★★★★★

1,ネガティブなセルフトーク
2,不安からくるストップのエネルギー。
が、
自分の未来という土地に植えた種の芽をせっせと摘んでいるのです!

★★★★★★

未来に種を植え、芽生えた新芽を成長させるには、
1歩1歩進むという水やりです。

さらに「楽しむ」という肥料が加わると、
芽がぐんぐん成長します。

育ってきた芽を感じ、
「未来の自分のエネルギー」や「最高のパフォーマンスの自分」になって、
目標に向かうことにワクワクのエネルギーが加わり始めたら、
咲く予定の花は思ってもみない美しいものを見せてくれて、
実った果実は、想定外のお味を楽しめます。

実際に1歩を踏み出さないということは、
水やり怠るのと同じで芽は枯れます。

セルフトークを採用し進むことを止めるということは、
芽が伸びるのが怖いから見ないで放置し芽を枯らしています。

自ら蒔いた種から生まれ得られた成果物(果実)を受け取らないということは、
自分を怖れから守ることが主眼となり、芽を摘むことばかりを無意識にやっていて、
結果的には人生を楽しむことを禁じている(果実を味わうことのない人生)のと同じことだと思います。

いかにセルフトーク無視して、
本当にやりたい事だけを見つめていられるか、
セルフトークから生まれてくる感情にまみれずに、
自分のベストパフォーマンスの状態に戻れるか?ということが、
自分の望む未来に植えた「望む現実の種」を成長&開花&結実させるかのキモだと思います。

願望実現をスムーズにさせるために心がける2つの方法

人は、望むものを手にするように基本設計されています。
願望は常に叶っているのです。

望むものを手にしていない時、
未来に、望まない事柄の種を植えた、又は、
願望の芽を摘むセルフトークで常に望むものの成長を止めているか、です。

望むものだけに焦点を合わせましょう。
望まないものを見ている(考えている)と気づいたら、やることは2つ。

1,違う!違う!私が見たいのはこれ。と修正すること。

2,迷ったら、ホントはどうしたいの?という質問を自分にし続け本音を感じること。

シンプルなこの2つを実践してみてくださいね!