自分がぎりぎりまで衰弱しても、

 

ホカのひとを助けようとして共倒れ、という方、
けっこういます。

だいたい、両方とも助からない、というケース、たくさんみてきました。

自分が悪者になりたくない、というのは、あるあるです。

ただ、ホントに両方が助かろうと思ったときは、
いったん自分が悪者になってでも
「自己回復」する必要があるコト、たくさんあります。

共倒れしないために必須です。

いったん「助からなくちゃ助けなきゃ」の思いを手放して自分を調える。

そして心身とも回復したときに、そのときうてる最善策を打つ。

それで相手が助かることを選ぶかどうかは、相手の選択。
あなたの責任ではないのです。

自分のできることと相手の領分を切り分けて、
じぶんを調えたうえで、最善策をうっていきましょう。

結果については、過度に責任を負わないコト。

相手の人生は相手のもの、自分の人生は自分のもの。
まちがえないでね。