未来に向かって
新しいこと、やりたいこと、
夢に向かうスタートを切るとき、
「自分を信じる」
その感覚があれば、きっと安心で、
不安はあっても前へと進んでいけると思う。

だけど、大抵の人は、
怖れの方を信じて、
自分のことが信じられなくなってしまいます。

あなたはどうですか?
自分のことを信じる切れる感覚ってありますか?

私は自分の何を信じたらいいのか…
全然わからない時期がありました。

人から、
あなたは能力があるよ、とか、
何でも成功するタイプだから、
好きなことすればいいよ!と言われるんですけど、
自分のどこにその能力があるのだろうか?
自分の中身はスッカスカだよ…そう感じてました。

そのスッカスカな空洞を
スキルや経験で埋めれば
きっと自信になるだろうと思い、
セミナーや講座にいきまくり、
資格もたくさん取りました。

だけど、自信の感覚なんて
ちっとも生まれませんでした。

自信って
「根拠が在るもので作られるのではない」と
私は思うのです。

この頃の私は、自分と他人を分け、
大きな世界の中に、
ポツンと私を置いていました。
そういう認識でこの現実を捉えていたのです。
これではパワーは湧いてきません。
さらに自分をちっぽけな存在だと感じてしまします。

スピリチュアルな観点を知ると、
その中にワンネスという、この世界の見方があります。

簡単にいうと「世界はひとつ」

といいますか、極端にいえば、
この世界には1人しかおらず、
すべて自分が創り出している世界だ。
というものです。

1人しかいないって?
あの人も、この人も、人格もDNAも違う人間が
わんさかいるじゃないか?!って思いますよね。

でもね、とりあえず
全部自分が創り出した”私の分身”だって
思ってみるんです。

最初はアタマがこんがらがるんですけど、
自分がこの世界を創っているということは、
その設定は好きに任されているってこと。

では、あなたは今、
この現実を、どんな世界だと、
捉えているのでしょうか?

その答えで、
あなたの毎日過ごす現実の
”大前提”が判明します。

あなたの住む世界は優しい世界?
あなたの住む世界は怖い世界?

あなたの住む世界は叶う世界?
あなたの住む世界は辛い世界?

あなたの住む世界は楽しい世界?
あなたの住む世界はつまらな事ばかりの世界?
あなたの住む世界は愛があふれる世界?

どうですか?
あなたの住む世界はどんな世界ですか?

この視点で現実世界を捉えるとき、
自分は世界の創造主の視点にいることとなります。

すなわち、そこは「神ポジション」
感覚的には世界を外側から眺めている感じです。

自分が創り出した、身を委ねる世界が目の前にある。
そもそも、私が私を悲しませるような設定にするだろうか?
あなたはどう思いますか?

もし、辛い目にあうんだけど?
私の周りの人は全然優しくないんだど?
というのであれば、

良いと感じる経験、嫌だと感じる経験の
どちらかの経験が多かったか?だけの違い。

大前提の設定に、あとからの経験値で追加される
”オプショナルの設定”が積み重なることで、
段々と世界観が変化していったのでしょう。

今、あなたの見ている世界が
楽しいも、安心できるものでもないのであれば、
その設定を変更できるのは、
神ポジションで世界を眺める「あなた」のみです。

もう数十年生きてきて、
たくさんの経験を蓄積している私たち。

これから、どんな現実にしていけるか?は、
実は、あなたに決定権があります。

神ポジションの位置で、どんな世界を見るのか?というのは
TV番組のチャンネルを決めるかのごとく変えることができ、
その、決めたもの、見たいものが現れてくるのです。

どんなときも、
「この世界の中心は私です」と
セッティングして、
どういう世界にするのか?を
決めてみてくださいね。

そうすることで、
とてもパワフルで能動的に現実世界と関わっていけます。
安心する世界に再設定することができます。
根拠がなくても自分を信じ、チャレンジできます。

なにせ「私が設定した世界」が広がるのですから^^

「信じる」というのは、
根拠の在るものを信じると弱い。

自分の可能性を信じる。
自分がこの世界を創っている。
この2つを信じ切れたとき、
”怖れや不安や迷い”はなくなり、
冒険者のそれと同じように、
自信あふれるブレイブハートととなっていることでしょう!

「自信がない」というのは、
自分に力ががありません!
自分の創る世界を信じていません!という宣言と同じこと。

信じられる材料が揃ってから「信じる」のではなく、
まず信じることが先なのです。
順番を逆にしてみてください。

そうすれば、あなたの決めたその世界が広がりますから!