人生の主人公はあなたです!とか、
人生の主導権を取り戻そう!という
フレーズを聞いたりしませんか?
 
  
  
もちろん、人生の主人公も、主導権も
本来は自分の手の中にあり、
自分で人生をどのようにでも決めていいのです。
  

が、、、
 
 
人は1人では生きてはおらず、
家族という集団、地域という集団、
国家という集団のなかで
それぞれの習慣・風習・ルールに従わされます。
 
  
  
自分以外の価値観が、
いつしか自分の当たり前になっていて、
判断や選択基準の大前提のモノサシになっています。
 
 

例えば、既成概念って
その時々で変わりますよね。
 
  
  
昔は、25才が結婚適齢期とされ、
それを過ぎると、女性の価値が落ちるから、
24才までに結婚するべし!みたいな風潮でした。
  
  

クリスマスケーキに例えられて、
24才だとイブで売れ時、
25才以降だとだと売れ残り、
と揶揄されていました。
(30年くらい前の話かなw)
  

今、24才で結婚って、
ちょっと早くない?って感じもしますよね。
 
  
 
そんな風に、
時代によって変わるものを
自分のモノサシにしていると、
自分の感覚っていうものが
どんどん薄れていってしまいます。
 

 
そういう世間の価値観や
既成概念に惑わされず、
自分の進みたい方へ進む、
やりたいことをやる!
 
  
そういうとき、人生の主人公に
なっている瞬間ですよね。
  

周りに同調せず、
自分の意志を貫くって
すこし勇気がいるかもしれません。
変わり者って言われるかもしれません。
 

 
だけど、自分の人生だから、
自分が満足していればOKだし、
世間が言う幸せを、
自分の幸せと勘違してしまったら
もしかしたら、
心底では満足していなくて、
もったいないことになっているかもしれません。
 
  

1度きりの人生は、
あなたが描くオリジナルストーリー。
どこにも事前のシナリオはなく、
自分で自由にシナリオも作るのです!
 
  

主人公は理想のセルフイメージを決めましょう!
シナリオ(台本)は、
理想のセルフイメージで描く手に入れたい未来☆
そこに向かう一歩一歩がストーリーになります。
 
  

あなたの人生の道は、あなたしか歩けない。
  

 
だから、あなたが好きなように
デザインができるように、
あなたの意思で決められるようになっています。
 
  

その大前提にしたがって、
一歩を踏み出したときから、
未来はあなたが望むように展開し始めるのです。
  

 
近いところから、
いつでもストーリーは設定できますよ!
 
  

例えば・・・
今日はどんな1日になりますか?
 
  

好きなように、今日のスケジュールに合わせて
得たい結果のストーリーを想像してみて、
今、設定しちゃいましょう♪
 
  

そのストーリーを、
3回くらい脳内でシュミレーションすると、
けっこうそういう1日になる気分がしてきますよ!
 
  

夜、眠りにつく前に、
朝に想像していたストーリーのように
満足した1日だったかな…
そんな風にチェックしてみても楽しいかもしれません。
 
  

想像したものが、創造されるのです^^
だから、想像しないと、創造されないのですよ!
 

1分先も未来。
どうなりたいのか?を常に意識して、
こうなりたい!を想像して設定してくださいね!

ーSanaー