昨日は、さちみたまサロン・ゴールドのグループセッションでした!
みなさん、また新たな展開に入った感じでしたね。
自分で自分の感覚をキャッチするのが上手くなってる感じで、
これからの展開が楽しみですね!

「今、湧き上がる」感覚でものごとを選択し始めたときから、自分らしい人生が始まるのかもしれません。自由に、自分の好きを選択できることは、何よりの自由だと思うのです。

そして、自由って好き放題っていうわけでもなく、自分の選択の結果は自分に返ってくるというシンプルな法則が働きます。それを一般的には責任と言ったりしますが、、、果たしてその責任とはどういうことでしょうか?

選択の自由と怖れ

自由って憧れますよね~
自由になりたい!、なんでも好きに選びたい!って思いますよね~
(そう思うのは、元々人間は自由な存在だからなんだと思います)

私たちは、生まれ落ちてから、
育てられること、集団の中での生活、社会という大きな世界での暮らし、、、
そういう日常の中で、自由に、好きに選ぶことに制限がかかることに、次第に慣れていくんですよね。
(ダメと言われ、NOと拒否られ、世間的には…と別の価値観で染められます)

元々自由な存在が、不自由を体験し、また自由を取り戻していくには、
自分の意思で選ぶということに慣れていくことを経る必要があるのですよね。

自分で選ぶ?そんなの当たり前じゃん!
今、なんでも自分の好きに選んでるぜ!って思うと思います。

人は一日6万回以上の選択をしている

私たちは常に何かを選んでいます。その回数6万回以上。
いちいちその時の感覚を感じて、意思を持って、はっきりと認識して選ぶということをしていません。
多くの場合、無意識レベルで自動化された選択に従っているだけです。

私はこれが好きだから。(という思い込み)
これを選んでおけば安全だ。(という失敗への怖れ)
前はこれを選んで正解だったから。(今回も正解かどうかは不明なのに)

そんな、過去の経験から自動的に選択していることが多いです。
で、、、で、、、そこで、考えてみて下さい。

未来は不確定です。
過去の選択基準で物事を選んでいては、もう一度過去の経験をするだけですよね?
安心・安全ばかりを選んでいると、エキサイティングなことも、ミラクルも起こらないですよね?

人は自然と変化していくものです。

自分ではわかりづらいものだけど、時と経験を重ねて、人は必ず変化していきます。
それに合わせて、取り巻く環境・状況・人間関係も変化し、感じ方も好みも常に変化していきます。
いつまでも同じであることはないのです。
だから、選択はその都度、自分の「今の感覚」で選ぶことが大事。
それを意識しないと、過去の選択基準が自動的に採用されてしまいます。

選択と同時に生まれるもの。

自分の意思で、選択をしていくということは、
自分の中に生まれた感覚をつかんで、選ぶ・決めることをし始めることです。
選択の主導権が自分にある状態です。
(状況、環境、他人を選択の基準にしていないということ)

選ぶことの自由には「責任」というものが同時セットでついています。
どんなことが起こっても、自分で選んだので、【自分以外のせい】にできないのです。
これが無意識レベルでとても怖いんです。

例えば、商店街の景品抽選の三角くじを引くとして、
引いたくじがハズレだったとき、少し残念な感じがします。
それは、当たるといいな♪って期待したから。どれにしようかなってワクワクしたから。
これだ!って決めて選んだのに、ハズレかよ、ちぇっ!

そう、選んだのは自分で、その残念な感覚を味わうのは自分でしかいないのです。

「責任」ってのは、
自分で味わう感覚ってだけなのに、
選んだ後に感じることのできる体験ってだけなのに、

いろんな意味付けをくっつけていませんか??

出来事として、クジならまぁいっか…とやり過ごせても、
人生がかかったレベルの選択になると、そりゃビビりますよね。

あ~、あっちにしときゃよかった…_| ̄|○
なんていう後悔をした日にゃ~取り返しがつかないんじゃないか?と思っていたりします。
(いや、いつからでも、そこかでも、やり直せばいいのだから大丈夫なんだけどもね)

失敗したら、自分は不能だ!無価値だ!と認める結果を見るかもしれない…それ、こわい(´д`|||)
そんの知りたくない、知るくらいなら選ばない方を選ぼう…

選ぶのが怖いとき、選びたい方向はあるのに進めないとき(行動できない)
いつの間にか言葉に対してのネガティブな意味付けや、無意識に避ける選択基準を持っているのではないか?と、いちど疑問に思ってください。

選択の基準を分解してみよう

人は無意識で「快・不快」でものごとを選んでいます。
責任=不快と感じる人って多いと思います。

重いような、責めを負うような、1人損するような…(笑)
そんな意味付け(イメージ)を持っていませんか?

この責任をの意味付けで持っている人は、どんどん選択の自由を体感していきます。
そして選んだ結果を経験というフィードバックとして捉え、次の選択の良い材料にしています。
なので、自分を信頼している、他を思いやれる余裕がある、リーダーシップを発揮する、そんな在り方のように思います。

 

一度、責任というものの意味付けを、自分はどう思っているのかな?と書き出してみるのもいいと思います。

怖れているものを明るみに出してみる。
そしてしっかりと見てみる。

そういう作業をすることで、漠然と怖れに対してエネルギーを注いでいたルートが消えていきます。自然と見たい方向に意識を向けることができます。

 

無意識の選択を意識化していこう

 

さてさて、次から起こる日々の選択。
選んだ時に「これが本当に最高に自分の喜びのための選択なのか?」と問いかけてみてくださいね!

そして、すぐにYES!とならず、むむ~っとなるようだったら、
「本当はどうしたいの?」と自分に問いかけてみてください。

その場で答えが来ないこともあるけど、投げかけておけば必ず答えが浮かびますから、ぜひともキャッチして「本当の選択」を選んでみてくださいね。

未来へ向かう人生のタイムラインって1本のように想像しちゃうけど、つま先から先に道はな~んにもなくって、目の前に、どんどか、どんどか、事象が現れ、いろんな選択をしているだけなだよね。振り返ったときに歩いてきた1本の「選択後の道」ができてるだけ。

未来は、今まさに目の前にあり、そして選び放題なのだ!